家庭菜園自然農 -27

不耕起・無肥料/間借り

2023.3.5
家庭菜園自然農

あいだが開きました、すっかり春の陽気です。エンドウ豆の風よけゴミ袋を外しました、
エンドウ豆 実えんどう

ニンニクも暖かさに後押しされて葉が青々、茎も太ってきました。
ニンニク

冬の間も(間借り庭の)剪定枝・枯草をかき集めては地表に敷き重ねてきましたが、炭素循環農法・菌ちゃん農法からすると分量不足・・。
炭素循環農法・菌ちゃん農法

庭主が庭木を伐採した後の小スペースを新たに拝借。伐った庭木と枯草をそのまま積み、雨よけゴミ袋をかけました。
炭素循環農法・菌ちゃん農法
炭素循環農法・菌ちゃん農法

夏野菜までに、土中のキノコ菌(糸状菌)ができますように。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -26

不耕起・無肥料/間借り

2022.12.3
家庭菜園自然農

サツマイモ後地のエンドウ豆が発芽。サツマイモ蔓は干して敷き草に。土中のキノコ菌が減らないよう雨よけに、保温を兼ね大判ゴミ袋で覆いました。
エンドウ豆 発芽

ピーマンは追熟後、種採り。
ピーマン 自家採種

ニンニクは、4分の1が発芽途中で食べられた(´Д`)ものの、発芽したものは葉が昨年より肉厚傾向です。
ニンニク

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -25

不耕起・無肥料/間借り

2022.10.29〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

初サツマイモ、できていました!(シルクスイート)
サツマイモ 初収穫

収穫後の土を観察。“紙マルチ(クラフト紙)”はすっかり消えていましたが、旺盛な葉や蔓で覆われていたおかげか、糸状菌(菌ちゃん)らしき白いものが見えて一安心。
キノコ菌

2週間前に植えたニンニク(ホワイト6片)発芽。
ニンニク発芽
ニンニク発芽

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -24

不耕起・無肥料/間借り

2022.9.3〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

8月下旬から、キュウリに代わり遅まきながらナスとピーマンが獲れ始めました。
ナス

今年のピーマンは170cm近くまで成長、ありがたいことに実がどんどんついてくれています。
ピーマン 収穫

ナス ピーマン 収穫

キュウリ同様、初めて収穫がまずまず良かったのは、年明けから取り入れた菌ちゃん農法・炭素循環農法効果に思えます。

初栽培のサツマイモは、折々つる返しをしていますが、ますます勢いよく間借り中庭を侵食中です。
サツマイモ

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -23

不耕起・無肥料/間借り

2022.8.7〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

暑さふたたび。キュウリは終盤の様子ですが、現在 2苗で50本収穫、
キュウリ 収穫終盤

昨夏の2倍の収穫で、年明けからの菌ちゃん農法・炭素循環農法の効果では、と感じます。

金ゴマ・赤紫蘇と一緒に成長中の初栽培サツマイモも、バッタの赤ちゃんたちに葉を食されつつ勢い旺盛。夏バテ気味の人間を圧倒しています。
サツマイモ

初栽培のゴマは4苗とも鞘がふくらんできました。この猛暑にも負けない葉と茎の勢いです。
ゴマ 鞘ふくらみ

(→ 追記:ゴマは9月に収穫、4苗で両手一杯程度↓↓でした。残念なことに、生でも炒ってもゴマの風味なし(;´Д`) 来年再挑戦)
ゴマ 収穫量

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -22

不耕起・無肥料/間借り

2022.7.24〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

中旬は涼しく雨つづき。今年から雨を貯水しようと金バケツを畝間に置いたところ満杯、貯水タンクに移しました。
雨水 貯水 バケツ

ロールクラフト紙の“紙マルチ”実験 約2ヵ月経過、雨に打たれて一部はボロボロになりました。それでも
紙マルチ実験 2ヵ月経過

“紙マルチ”と敷き草が層になって、多少の雨は受け止めている様子でした。紙の下の敷き草もクタクタになっています。
紙マルチ実験 2ヵ月経過

ボロボロの上に新しいロールクラフト紙を重ねてマルチ。狭い家庭菜園であればこの“紙マルチ”は使えそうな印象、実験継続中です。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -21

不耕起・無肥料/間借り3坪菜園

2022.7.9〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

急激な猛暑で植物・生きものが心配でした、気温が一旦落ち着き雨も降りほっとしました。キュウリ(2苗)は10数本収穫中。うどん粉病は下のほうで踏みとどまって葉の勢いは旺盛ですが、実の成りはゆっくりです。
キュウリ 実の成りはゆっくり

トマトやナスもゆっくり。苗数が少ないと、つい人間都合の収穫に思いが巡りがち。。限られた面積で苗数を増やす工夫も今後の課題です。
ミニトマト まだ青い

間借り中の庭の隙間に、サツマイモ(2苗)を初植え。サツマイモのコンパニオンプランツは赤紫蘇とのこと、こぼれ種の赤紫蘇を移植したら、競うように伸びてあふれ出てきました。
サツマイモ 赤紫蘇

この隙間スペース(無肥料・無堆肥)もキノコ菌が増えるよう、春から炭素率の高いもの(枝・木片・竹片・落ち葉)を敷き雨よけをしてきました。サツマイモと一緒に、ゴマも初めて植えました(金ゴマ)。(昨年は直播き後に虫に食べられ終了→)今年はポット苗を作り植えたところ急成長、小さな鞘が付き始めました。
金ゴマの鞘
金ゴマの花

ゴマの鞘も花も初めて見ました。ゴマ(国産)の自給率は0.1%未満とのこと、4苗でどの位のゴマが獲れるのか。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -20

不耕起・無肥料/間借り

2022.7.2〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

早や梅雨一転、急激な猛暑に温暖化の不安ばかり。梅雨の雨よけ/真夏の遮光用に掛けておいたネットが、この猛暑に思いがけず役立ちました。
急な猛暑・強すぎる陽射し キュウリ
急な猛暑・強すぎる陽射し ナス

植物・生きもののため早く気温が落ち着いて雨が降ってくれますよう。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -19

不耕起・無肥料/間借り

2022.6.23〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

早すぎる梅雨入り、最低気温の低い日が続きましたが、中旬から一転少雨・・この先が心配です。キュウリは小さな実をつけ始めました。
キュウリ苗

5月末から早々に下葉に出はじめたうどんこ病。緩和策に試しで木酢液(木紅木さんキクノール)を週2回 霧吹きしてきました。3週間経過、劇的な改善はないものの
キュウリ下葉のうどん粉病 緩和策 木酢液 キクノール

どうにか下葉だけで踏みとどまっていて効果を感じます。来年は微生物を増やす目的で、春ごろ少量を敷き草にかけてみようかと思います。

キノコ菌を増やすための雨よけに、マルチ代わりに敷いたクラフト紙は
クラフト紙で雨よけマルチ実験
梅雨の雨にあたるうちに、雨よけ効果は弱まっている様子ですが、雨が直に地表に当たることは防げているため “紙マルチ”実験継続します。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園
 
 

家庭菜園自然農 -18

不耕起・無肥料/間借り

2022.5.29〈自然農菜園〉
家庭菜園自然農

中旬から、ニンニクの葉がサビ病とアブラムシで弱り始めました(;´Д`)。実が太る前でがっかり、月末になり収穫しました。小・中サイズがほとんどでしたが、収穫は何よりでした。
ニンニク収穫

キノコ菌を増やすための雨よけゴミ袋を外し、ロールクラフト紙をマルチに使ってみることにしました。水をかけたり浸けたりしてみたところ意外に水を通さない・すぐに乾く様子だったので、実際に試してみることにしました。
雨よけマルチにクラフト紙を試験

先日、トマト・キュウリ・ナスの購入苗を定植しましたが、昨年同様、キュウリの葉が早々にうどん粉病(;´Д`)の気配です。今年は緩和策で木酢液を試すことにしました。調達した木酢液は、製造工程・品質の説明が充実していた木紅木さんの「キクノール」。
キュウリうどん粉病の気配 木酢液を

希釈して週2回霧吹きしてみることにしました。木酢液はあくまで
木酢液 キクノール

自然の土壌改良なので、微生物が増えることでうどん粉病が多少緩和したらと期待しています。

家庭菜園 自然農TOPページへ
自然農 家庭菜園